売れないネットショップが確認すべき集客ポイント4 ~広告の運用は適切か~

売れないネットショップが確認すべき集客ポイント4 ~広告の運用は適切か~

ネットショップを開店したら、自分の店が検索サイトで上位に表示されると嬉しいのですが、残念ながら開店間もないショップがいきなり上位に表示されることはほとんどありません。では、自分のショップの存在を知ってもらうためにはどうすればいいのでしょうか?

そんな時一つの手として利用したいのが、Googleアドワーズなどの検索サイトに表示される広告の出稿です。

インターネット広告にはリスティング広告や純広告だけでなく、アフェリエイト、懸賞など様々な種類があります。自分のネットショップにはどのタイプの広告が合うのか、それぞれの広告の特徴や予想効果などを理解した上で活用してみるとよいでしょう。

ただ気をつけたいのは、リスティング広告をはじめとする集客施策において、重要になってくるのが、正しい運用だということです。広告を出すだけであれば、お金を用意すればいいので意外と簡単です。しかし、「出稿先は適切か?」、リスティング広告の場合「ワードの選定が的確か?」などPDCAを常に回すことが必要です。

例えば懸賞の場合も出しっぱなしではなく、結果を見て改善点があれば、改善を重ねていくことが大切です。インターネット広告でそれなりの効果を得るためには、適切な運用が不可欠です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 大手イメージ
    Webサイトの制作費は、発注先によって大きく変わります。 個人事業主→中小規模Web制作会社→広告…
  2. ネットで良く見る「URL(ユーアールエル)」ってなんですか?
    “URL”とは、“Uniform Resource Locator”の略称のことで、インターネット上…
  3. ウェブサイトイメージ
    「ホームページ」と「ウェブサイト」または「サイト」とは、同じものを指していると思っている人は、かなり…

注目記事

  1. Webマーケティングのメリットとデメリット

    Webマーケティングのメリットとデメリット

  2. ご存知てすか?Eメールの仕組み

    ご存知てすか?Eメールの仕組み

  3. 「企業側・見る人、双方に益する企業サイトにするために押さえておきたい6つのポイント」のイメージ画像

    企業側・見る人、双方に益する企業サイトにするために押さえておきたい6つのポイント

アーカイブ

ページ上部へ戻る