売れないネットショップが確認すべき集客ポイント4 ~広告の運用は適切か~

売れないネットショップが確認すべき集客ポイント4 ~広告の運用は適切か~

ネットショップを開店したら、自分の店が検索サイトで上位に表示されると嬉しいのですが、残念ながら開店間もないショップがいきなり上位に表示されることはほとんどありません。では、自分のショップの存在を知ってもらうためにはどうすればいいのでしょうか?

そんな時一つの手として利用したいのが、Googleアドワーズなどの検索サイトに表示される広告の出稿です。

インターネット広告にはリスティング広告や純広告だけでなく、アフェリエイト、懸賞など様々な種類があります。自分のネットショップにはどのタイプの広告が合うのか、それぞれの広告の特徴や予想効果などを理解した上で活用してみるとよいでしょう。

ただ気をつけたいのは、リスティング広告をはじめとする集客施策において、重要になってくるのが、正しい運用だということです。広告を出すだけであれば、お金を用意すればいいので意外と簡単です。しかし、「出稿先は適切か?」、リスティング広告の場合「ワードの選定が的確か?」などPDCAを常に回すことが必要です。

例えば懸賞の場合も出しっぱなしではなく、結果を見て改善点があれば、改善を重ねていくことが大切です。インターネット広告でそれなりの効果を得るためには、適切な運用が不可欠です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「情報リテラシーとは」のイメージ画像
    皆さんは『情報リテラシー』という言葉をよく耳にすることがあるのではないでしょうか。 もともと「…
  2. 「被害に遭ってからでは遅い。事前に知っておきたいインターネットセキュリティ」のイメージ画像
    電車に乗るときに列車の時刻を調べたり、ネットショッピングで欲しかったものを買い物したりと今の時代は多…
  3. 「「ポート番号」って、何のこと?」のイメージ画像
    「ポート番号」とは、コンピュータ間で通信する際に、データが出入りする出入り口の番号のことを指します。…

注目記事

  1. 著作権注意イメージ

    その書き込み、大丈夫?気軽なコピペが法律違反になる前に知っておきたい著作権のこと

  2. ウェブサイトでの配色・色彩計画も戦略のひとつ

  3. メタキーワードイメージ

    Googleが利用していないのなら、meta keywordsは必要ない?

アーカイブ

ページ上部へ戻る