売れないネットショップが確認すべき集客ポイント3 ~サイトやページの構成~

売れないネットショップが確認すべき集客ポイント3 ~サイトやページの構成~

ネットショップを開いたものの、集客に苦戦している。または検索結果で順位が低い。なぜそのようになってしまうのでしょうか?それは、ネットショップの構造や各ページの構成が検索エンジンから評価されていない可能性があります。

検索エンジンから評価され、なおかつしかるべきワードやフレーズできちんと検索結果に表示されるためには、一定の基準をクリアする必要があります。もしも集客にお困りなら、自分のネットショップがその基準をクリアできているかどうかを確認し、できていないようであれば、改善するようにしましょう。

また、確認する時は見込み客が検索に使用しそうなワードやフレーズが各商品ページ内に含まれているかも大切なポイントになります。

もしも、集客はあるものの売り上げに結びつかないという場合は、ネットショップの構造や各ページの構成がお客様からみると分かりづらい、使いづらいという可能性もあります。

または、ネットショップを閲覧している人が実はターゲットではない人が集まっている可能性があります。これでは、アクセスがあり、集客があるように見えても売り上げに繋げることは難しいでしょう。このようなケースの場合はアクセスがない場合とは異なった対処法を講じるべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 大手イメージ
    Webサイトの制作費は、発注先によって大きく変わります。 個人事業主→中小規模Web制作会社→広告…
  2. メガ、ギガ、テラ…?コンピュータで扱うデータ量の単位
    デジタルな世界で扱われる情報量は、ものすごい勢いで巨大化しています。少し前までは「最大値」だと思って…
  3. アクセス解析サービス「Google Analytics」とは のイメージ画像
    Googleが提供するGoogle Analytics(グーグル アナリティクス)は、とても高機能な…

注目記事

  1. ビットとバイト?コンピュータで扱うデータ量の単位

    ビットとバイト?コンピュータで扱うデータ量の単位

  2. 機種依存文字って、使っちゃいけないの?

    機種依存文字って、使っちゃいけないの?

  3. 便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

    便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

アーカイブ

ページ上部へ戻る