売れないネットショップ 確認すべき集客ポイント1 ~アクセス状況~

売れないネットショップ 確認すべき集客ポイント1 ~アクセス状況~

ネットショップを開いてみたものの、さっぱり売り上げが伸びない。そんな状況に陥っている場合、まず最初に確認したいのがアクセス状況。アクセスしてもらっていなければ、商品売り上げまで繋がらないのは当たり前。売り上げが伸びない状況ならば、アクセス状況を確認してみましょう。

アクセス数は実店舗で言うと、店内がお客様でどれだけ賑わっているかということです。ですから、ネットショップにおいてアクセス状況はとても重要な要素です。アクセス数は一般的にはページビュー数を指すことが多いのですが、アクセス状況を把握するためには、次の3つ項目を確認しておきましょう。

  • ページビュー数
    そのページが閲覧された回数。1人の人が10回見ても10となります。
  • ユニークユーザー数
    そのページを訪問した人数。一定期間中に一人の人が何回閲覧しても1ユーザーとなります。
  • セッション数
    ユーザーが何回訪問したのか表す数です。

1週間、1か月あたりサイト全体や各商品ページ毎にどれくらいアクセスがあるのか確認します。もしもアクセスが少ないのではあれば、増やすための対策を打つ必要があります。反対にアクセスが多いのであれば、商品の見せ方や宣伝の方法について再検討することが必要でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. SNS(Social Networking Service)は日本では2011年頃急激に注目を集め始…
  2. 売れないネットショップが確認すべき集客ポイント4 ~広告の運用は適切か~
    ネットショップを開店したら、自分の店が検索サイトで上位に表示されると嬉しいのですが、残念ながら開店間…
  3. 「一度おきると被害は甚大!情報漏洩はなぜおきる?」のイメージ画像
    度々、ニュースでも話題になる『情報漏洩』。情報漏洩とは企業や組織の所有する顧客情報や技術情報など様々…

注目記事

  1. 「「ひょっとして標的型サイバー攻撃?」と思ったら、相談窓口へ」のイメージ画像

    「ひょっとして標的型サイバー攻撃?」と思ったら、相談窓口へ

  2. 突然インターネット接続が切れた時の対処法2~モデムやルーターの接続関係を確認~

    突然インターネット接続が切れた時の対処法2 ~モデムやルーターの接続関係を確認~

  3. 機種依存文字って、使っちゃいけないの?

    機種依存文字って、使っちゃいけないの?

アーカイブ

ページ上部へ戻る