CMS導入で得られるメリットは? 〜時間、手間、費用〜

CMSイメージ

CMSは、HTMLやCSSについての専門的な知識がなくても、Webサイトのコンテンツ管理ができるスグレもの。
具体的にはどのようなメリットがあるでしょうか。

サイトオーナーにとって、大きなメリット

せっかく自社のWebサイトを作ったからには、頻繁に情報を更新していきたいと考えているサイトオーナーも多いことでしょう。

しかし、本来サイトを更新するには、文章や画像を用意するだけでなく、HTMLやCSSなどの知識を使って様々な定義をしたり、ページ間にリンクを設定するなどしなければいけません。サイトを更新する度にそれらの作業を制作会社に頼んでいたのでは、手間がかかる上に、タイムラグも生じてしいます。

そこで、活躍するのがCMSです。

CMSを使ったウェブサイトであれば、新しい情報を更新したい時にサイトオーナー側で即時に更新することが可能になります。デザインや難しい更新は制作会社に、簡単な更新やルーティンの作業は自社内でというように作業を分担しやすくなり、時間や手間の面で効率化がはかれます。

また、更新作業を自社内で行うことができるため、運用コストを削減することができます。

修正作業をすみやかに行うことができる、更新・管理を社内の複数の人間で行うことができる、というメリットもあります。

代表的なCMS

WordPress
concrete5

関連記事

ピックアップ記事

  1. PDCAイメージ
    インターネット上に限らず、あらゆるプロジェクトマネジメントで実践されている「PDCAサイクル」。目標…
  2. SNS(Social Networking Service)は日本では2011年頃急激に注目を集め始…
  3. 大手イメージ
    Webサイトの制作費は、発注先によって大きく変わります。 個人事業主→中小規模Web制作会社→広告…

注目記事

  1. 「モデム」って、なんですか?

    「モデム」って、なんですか?

  2. 大きなファイルはファイル転送サービスかオンラインストレージサービスで

    大きなファイルはファイル転送サービスかオンラインストレージサービスで

  3. SNS利用のガイドラインを策定し、ソーシャルメディア&ITリテラシー向上を

アーカイブ

ページ上部へ戻る