CMS導入で得られるメリットは? 〜時間、手間、費用〜

CMSイメージ

CMSは、HTMLやCSSについての専門的な知識がなくても、Webサイトのコンテンツ管理ができるスグレもの。
具体的にはどのようなメリットがあるでしょうか。

サイトオーナーにとって、大きなメリット

せっかく自社のWebサイトを作ったからには、頻繁に情報を更新していきたいと考えているサイトオーナーも多いことでしょう。

しかし、本来サイトを更新するには、文章や画像を用意するだけでなく、HTMLやCSSなどの知識を使って様々な定義をしたり、ページ間にリンクを設定するなどしなければいけません。サイトを更新する度にそれらの作業を制作会社に頼んでいたのでは、手間がかかる上に、タイムラグも生じてしいます。

そこで、活躍するのがCMSです。

CMSを使ったウェブサイトであれば、新しい情報を更新したい時にサイトオーナー側で即時に更新することが可能になります。デザインや難しい更新は制作会社に、簡単な更新やルーティンの作業は自社内でというように作業を分担しやすくなり、時間や手間の面で効率化がはかれます。

また、更新作業を自社内で行うことができるため、運用コストを削減することができます。

修正作業をすみやかに行うことができる、更新・管理を社内の複数の人間で行うことができる、というメリットもあります。

代表的なCMS

WordPress
concrete5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. SNSの情報拡散によって企業がダメージを受けることもありますが、その中でも一番懸念されるのは、会社や…
  2. 「一度おきると被害は甚大!情報漏洩はなぜおきる?」のイメージ画像
    度々、ニュースでも話題になる『情報漏洩』。情報漏洩とは企業や組織の所有する顧客情報や技術情報など様々…
  3. 法律イメージ
    健全なネットショップを運営するために、取り扱う商品に関わらず、把握しておかなければならない法律が5つ…

注目記事

  1. 個人製作イメージ

    Webサイトを個人事業主に依頼するメリット・デメリットとは

  2. Webマーケティングのメリットとデメリット

    Webマーケティングのメリットとデメリット

  3. webサイトがブラウザに表示される仕組みのイメージ画像

    ウェブページがブラウザに表示される仕組みとは

アーカイブ

ページ上部へ戻る