機種依存文字って、使っちゃいけないの?

機種依存文字って、使っちゃいけないの?

メール本文に特殊な記号を使って送信しようとすると、「文章に機種依存文字が含まれています。送信先で正確に変換されないことがありますが、送信しますか」、と確認メッセージが出てくることはありませんか?

「機種依存文字」とは、特定のデバイス(コピー機などの周辺機器)や環境(OS等)でないと正確に表示されにくい文字のことで、「環境依存文字」と表現することもあります。送り手と受け手の環境が異なっている場合、「機種依存文字(環境依存文字)」を使用すると文字化けを引き起こしたり、まったく表示・印刷ができなかったりします。

たとえばWindowsの場合、意外と使ってしまいそうな「丸数字」「省略記号」などがあります。

機種依存文字の一例

ほかにも、「機種依存文字(環境依存文字)」ではないのですが、「半角カタカナ」はインターネット上の掲示板や電子メールにおいて文字化けを生じる可能性があるので、できるだけ使用しないことをおすすめします。

「機種依存文字(環境依存文字)」を使うことで送信先の機器の誤作動を誘発することもあるので、送信相手に迷惑をかけないよう文字入力の際には注意を計り、「機種依存文字(環境依存文字)」を使用しないように気を付けたいですね。

関連記事

ピックアップ記事

  1. SNS(Social Networking Service)は日本では2011年頃急激に注目を集め始…
  2. ビジョンイメージ
    コーポレートサイトとは、企業の事業内容や基本理念、サービス・商品などを総合的に伝えるインターネットサ…
  3. 撮影テクニックの向上に役立つサイト4選
    写真の表現の幅を広げたい、クオリティをアップさせたいとお考えのウェブ担当者さんにおすすめの撮影テクニ…

注目記事

  1. ブラウザイメージ

    「ブラウザ」とは、ウェブサイトを見るのに必要なソフトのこと。

  2. 取引イメージ

    ネットショップを運営するなら知っておきたい「特定商取引法」による表示義務

  3. 個人製作イメージ

    Webサイトを個人事業主に依頼するメリット・デメリットとは

アーカイブ

ページ上部へ戻る