機種依存文字って、使っちゃいけないの?

機種依存文字って、使っちゃいけないの?

メール本文に特殊な記号を使って送信しようとすると、「文章に機種依存文字が含まれています。送信先で正確に変換されないことがありますが、送信しますか」、と確認メッセージが出てくることはありませんか?

「機種依存文字」とは、特定のデバイス(コピー機などの周辺機器)や環境(OS等)でないと正確に表示されにくい文字のことで、「環境依存文字」と表現することもあります。送り手と受け手の環境が異なっている場合、「機種依存文字(環境依存文字)」を使用すると文字化けを引き起こしたり、まったく表示・印刷ができなかったりします。

たとえばWindowsの場合、意外と使ってしまいそうな「丸数字」「省略記号」などがあります。

機種依存文字の一例

ほかにも、「機種依存文字(環境依存文字)」ではないのですが、「半角カタカナ」はインターネット上の掲示板や電子メールにおいて文字化けを生じる可能性があるので、できるだけ使用しないことをおすすめします。

「機種依存文字(環境依存文字)」を使うことで送信先の機器の誤作動を誘発することもあるので、送信相手に迷惑をかけないよう文字入力の際には注意を計り、「機種依存文字(環境依存文字)」を使用しないように気を付けたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「情報リテラシーとは」のイメージ画像
    皆さんは『情報リテラシー』という言葉をよく耳にすることがあるのではないでしょうか。 もともと「…
  2. デバイスイメージ
    このサイトを見る人なら、「デバイス」という言葉を見聞きしたことのある人がほとんどではないでしょうか。…
  3. CMSイメージ
    CMSは、HTMLやCSSについての専門的な知識がなくても、Webサイトのコンテンツ管理ができるスグ…

注目記事

  1. 大きなファイルはファイル転送サービスかオンラインストレージサービスで

    大きなファイルはファイル転送サービスかオンラインストレージサービスで

  2. 「ウェブサイトは「コンセプトメイキング」で決まる」のイメージ画像

    ウェブサイトは「コンセプトメイキング」で決まる

  3. 便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

    便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

アーカイブ

ページ上部へ戻る