機種依存文字って、使っちゃいけないの?

機種依存文字って、使っちゃいけないの?

メール本文に特殊な記号を使って送信しようとすると、「文章に機種依存文字が含まれています。送信先で正確に変換されないことがありますが、送信しますか」、と確認メッセージが出てくることはありませんか?

「機種依存文字」とは、特定のデバイス(コピー機などの周辺機器)や環境(OS等)でないと正確に表示されにくい文字のことで、「環境依存文字」と表現することもあります。送り手と受け手の環境が異なっている場合、「機種依存文字(環境依存文字)」を使用すると文字化けを引き起こしたり、まったく表示・印刷ができなかったりします。

たとえばWindowsの場合、意外と使ってしまいそうな「丸数字」「省略記号」などがあります。

機種依存文字の一例

ほかにも、「機種依存文字(環境依存文字)」ではないのですが、「半角カタカナ」はインターネット上の掲示板や電子メールにおいて文字化けを生じる可能性があるので、できるだけ使用しないことをおすすめします。

「機種依存文字(環境依存文字)」を使うことで送信先の機器の誤作動を誘発することもあるので、送信相手に迷惑をかけないよう文字入力の際には注意を計り、「機種依存文字(環境依存文字)」を使用しないように気を付けたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「「ポート番号」って、何のこと?」のイメージ画像
    「ポート番号」とは、コンピュータ間で通信する際に、データが出入りする出入り口の番号のことを指します。…
  2. 「一度おきると被害は甚大!情報漏洩はなぜおきる?」のイメージ画像
    度々、ニュースでも話題になる『情報漏洩』。情報漏洩とは企業や組織の所有する顧客情報や技術情報など様々…
  3. PDCAイメージ
    インターネット上に限らず、あらゆるプロジェクトマネジメントで実践されている「PDCAサイクル」。目標…

注目記事

  1. 著作権注意イメージ

    その書き込み、大丈夫?気軽なコピペが法律違反になる前に知っておきたい著作権のこと

  2. 便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

    便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

  3. メタキーワードイメージ

    Googleが利用していないのなら、meta keywordsは必要ない?

アーカイブ

ページ上部へ戻る