「モデム」って、なんですか?

「モデム」って、なんですか?

「パソコンって、買ってきたらすぐインターネットできるんでしょ?」

そう思っている方も少なくないようですが、答えは「No!」です。パソコンでインターネットに接続するには、プロバイダから送られてくるデータ信号をパソコンで使える信号に変換する必要があります。アナログ電話回線では、当然「アナログ信号」が使われているわけですが、それをパソコンで使用する「デジタル信号」に変換しなければ通信できません。逆も同様で、パソコンから発信する「デジタル信号」はアナログ電話回線を通してインターネットに接続するわけですから、「アナログ信号」への変換が必須となります。

そこで必要となってくるのが、「モデム」と呼ばれる信号変換機なのです。インターネットが一般にも普及し始めた頃は、アナログ電話回線のダイヤルアップ接続で使われる「アナログモデム」が主流でしたが、最近では、ADSL回線で使われる「ADSLモデム」やCATV回線で使われる「ケーブルモデム」など、多様になっています。また、光回線を利用する場合には、「VDSLモデム」が必要になります。

なお、1つの「モデム」には、通常1台のパソコンしか接続できません。複数のパソコンでインターネット接続したい場合は、「ルーター」と呼ばれる接続機器が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. IoTは新しい価値も生み出す
    パソコンやスマートフォンなどのIT関連機器、情報端末だけでなく、家電や様々なモノをインターネットに接…
  2. 「迷惑メールを通報して大人の対応」のイメージ画像
    大切なメールかと思いきや、確認したら迷惑メール(スパムメール)だった。そんな時は本当に腹立たしいもの…
  3. メガ、ギガ、テラ…?コンピュータで扱うデータ量の単位
    デジタルな世界で扱われる情報量は、ものすごい勢いで巨大化しています。少し前までは「最大値」だと思って…

注目記事

  1. 売れないネットショップが確認すべき集客ポイント3 ~サイトやページの構成~

    売れないネットショップが確認すべき集客ポイント3 ~サイトやページの構成~

  2. 取引イメージ

    ネットショップを運営するなら知っておきたい「特定商取引法」による表示義務

  3. Webマーケティングのメリットとデメリット

    Webマーケティングのメリットとデメリット

アーカイブ

ページ上部へ戻る